子育て応援団感染症NEWS
  • インフルエンザ情報
  • エリア情報
  • 最近の流行の推移
  • 全国の概況
  • 症状と予防法
  • 戻る

今シーズンの様子(全国)

インフルエンザはこの冬流行?新型コロナと同時流行の可能性も 感染報告各地で(2022/9/9)この冬はインフルエンザが大きく流行する可能性があります。現在、少数ですが全国各地で感染の報告があり、新型コロナは「陰性」でもインフルエンザが「陽性」だった事例も発生しています。2022年第34週(8月22〜28日)、インフルエンザの定点あたりの報告数は、福岡県が31例、愛知県は14例、神奈川県は9例ありました。
大阪府も9例だったものの今年7月には1週間で100例を超えたこともありました。感染症の専門医で大阪府済生会中津病院の安井良則医師は「日本では例年12〜3月が流行のシーズンですが、ここ2年、流行がありませんでした。しかし海外では今が冬のオーストラリアでA型インフルエンザが流行し、アメリカ、フランス、ブラジル、中国などで患者が増えています。海外の方の入国が増えるとウイルスの持ち込みが予想され、国内でも行動制限の緩和と人流の増加に伴い、インフルエンザの感染者が増え、今年の冬は流行に発展する可能性が高いと予測しています」