子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【1月に注意してほしい感染症】【1】新型コロナウイルス感染症…オミクロン株の感染例が各地で確認され始めました。発熱や倦怠感がある時はできるだけ外出を控えましょう。引き続きマスクの着用、部屋の換気、手指衛生など基本的な感染対策が大切です。【2】感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症)…10月末より各地で患者報告数が増え始めています。二次感染を防ぐために、おう吐物や下痢便の処理に注意が必要です。アルコールではなく次亜塩素酸ナトリウム系の消毒剤を用いましょう。【3】インフルエンザ…現在のインフルエンザの報告数はわずかですが、各地で患者が出始めています。乳幼児が初めて感染すると重症化しやすいです。発病率、重症化の予防には、予防接種を受けることが有効とされていますので、流行前に早めに接種しましょう。【4】RSウイルス感染症…潜伏期間は一般的に、4日から6日で発症します。特に、乳幼児に注意してほしい感染症です。感染経路は、飛沫感染や接触感染です。手洗い、うがい、マスクの着用を徹底しましょう。
■情報元:感染症・予防接種ナビ ■更新:12/29