【経験談】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

子育て応援団では感染症経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)経験談
どーもさんさん
年末に夫が発熱、翌日、やっとの思いで予約を取った医療機関で新型コロナ陽性と判明、濃厚接触者のため自宅待機となる。
夫は癌があったため入院が必要となるが、なかなか病院が決まらず、年明け、元旦に入院、私と30代の長男は自宅待機、翌日2日にPCR検査を受け二人とも陽性と判明、自宅療養となる。
当初は発熱もなく普通に過ごしていたが、長男が39℃の高熱をだしひどい体調不良を訴える。
保健所へ連絡も、病床に余裕がなく自宅療養のままとなる。
連日の高熱と身体のだるさの為、保健所へ入院治療を懇願するも、自宅療養を命じられる。
毎日入院治療をお願いするも、空きがないと断られ、何とか入院したときには、免疫の暴走(サイトカインストーム)で、かなり強めの治療が必要となった。
1月10日に夫が退院、その頃は徐々に発熱があり、退院したばかりの夫では、看病は負担とのことで入院治療を希望も、簡単には病院が決まらず。
発病より10日間過ぎてからやっと入院治療となる。
レントゲンにて、軽い肺炎あり、ステロイド投与とアビガンで治療、直ぐに発熱が治る。
1週間後、長男とともに退院も、全身の怠さ、足が浮腫む、軽い咳の症状が続き、ひと月仕事を休まなければなりませんでした。
55歳 
2021-05-10
情報元:
感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019