予防接種で防げる感染症
該当する予防接種
海外渡航時は特に注意が必要
2016年10月より定期予防接種になりました
1月下旬〜2月上旬がピーク
特に乳幼児は注意が必要
生ワクチンから不活化ワクチンに変わりました
過労や睡眠不足,栄養不足に注意
死亡率の高い感染症。予防接種により、いまは感染者はいません
2014年10月から定期予防接種になりました
本州以南は注意。ウイルスを持った豚を刺した蚊が媒介します。
特に乳幼児と高齢者は注意が必要
土壌中に広く存在する破傷風菌に感染することで発症します
予防接種を受けていない乳幼児が、感染発病すると重くなります
流行の中心は成人男性。妊婦及び妊娠を希望する女性は注意が必要
空気感染をする代表的名感染症。予防接種が有効な予防法
髄膜炎や難聴などの合併症に注意が必要です。
予防接種は生後6週間から!
黄熱ワクチン
狂犬病ワクチン
 
上記以外の感染症
幼児・学童期にかかりやすい
2012年に人の感染例が初めて確認された、新しいウイルス感染症です。
生後1か月未満でも感染可能性有 重症化注意
急性のアデノウイルス感染症。プール熱と言われることもあります。
激しい腹痛と粘血便があります
急速かつ大規模なまん延を引き起こすおそれ
主な症状は血便。溶血性尿毒症症候群(HUS)には要注意
乳幼児を中心に主に夏季に流行する感染症
今後、国内流行に注意が必要
妊婦は要注意!必読を
伝染性膿痂疹(とびひ)
突発性発疹
主な症状は嘔気・嘔吐及び下痢。多いときには10回以上の嘔吐下痢。
乳幼児を中心に夏季に流行 いわゆる夏かぜの代表的疾患
肺炎マイコプラズマを病原体とする呼吸器感染症
流行性角結膜炎

情報元: