子育て応援団感染症NEWS
  • くらしのヒント
  • 戻る

くらしのヒント

新型コロナウイルス感染症は、自然治癒傾向が強い感染症だと言われていますが、一部の発病者は急性増悪して、重症化する場合があると言われています。特に高齢者や基礎疾患のある方はそのリスクが高くなると言われています。
重症化には、免疫系の暴走によるサイトカインストームが大きくかかわっているとも言われており、特に最近では全身の血管系の炎症やそれに伴う血液の凝固線溶系の異常が重症化に大きくかかわっていると考えられてきています。
この血管系の炎症が、小児における川崎病の症状とよく似ているのではないかとも言われており、このことが新型コロナウイルス感染症の流行地域において、子どもの間で川崎病様の症状を持った例が増加している原因ではないかと言われています。ただ日本では、国内の川崎病の報告数は今までのところ、増加していません。ただこの海外の事例が今後新型コロナウイルス感染症の重症化の病態と対面していく上において、このことが重要なポイントとなる可能性があり、今後さらなる症例解析の積み重ねが重要と思われます。■情報元:感染症・予防接種ナビ■更新:6/3