子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【RSウイルス感染症】新型コロナと似た症状「発熱・咳・鼻水」に注意今回は、1歳未満の乳児が感染すると重症化しやすいRSウイルス感染症についてです。特に新型コロナウイルス感染症と症状が似ていることから、乳幼児がいる家庭では、RSウイルス感染症の症状や流行状況を確認しておくことが重要になってきます。
RSウイルス感染症は、九州地方で患者報告数が多くみられています。昨年は、九州地方から流行がはじまり、全国にひろがったことから、今後もRSウイルス感染症の発生動向について注意深くみていくことが大切です。
感染症専門医で、大阪府済生会中津病院に勤務する安井良則医師によると、子どもの間でも新型コロナの患者報告が増えていることから、新型コロナの検査と同時にRSウイルス感染症の検査をすることが増えるといいます。その理由として、新型コロナとRSウイルス感染症の症状の中でも「発熱」「咳」「鼻水」が似ている点があげられます。
■情報元:感染症・予防接種ナビ■更新:1/21