子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【 溶連菌感染症 症状は発熱やのどの痛み 春から初夏の流行に注意 】(更新:3/28)溶連菌感染症は、38度以上の発熱と全身倦怠感、のどの痛みによって発症します。
感染症発生動向調査によると、春から初夏、冬季の2つの報告数のピークが認められています。これからの時期は、流行に注意が必要です。
【予防】予防のためのワクチンは、まだ実用化されていません。予防には、手洗い、咳エチケットなどが有効です。
【地域別情報】3/12〜3/16(第11週)の速報データによる、定点当たり報告数が最も多い順…・石川県、鳥取県、北海道、新潟県、福井県(監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員・安井良則)