子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【1月に注意してほしい感染症】(12/25更新)【要注意】新型コロナウイルス感染症…冬期(1月末から2月にかけて)はコロナウイルス感染症の流行に最も適した季節です。
現在、全国的に感染者数の増加が続いており、1月以降も更に増加すると予測されます。
【No1】インフルエンザ…現時点では、国内のインフルエンザの感染者数は、例年と比べて非常に少ない状態が続いていますが、例年冬期はインフルエンザが流行していることから感染者発生の動向については注意しましょう。【No2】ウイルス性胃腸炎(ノロ、ロタなど)ノロウイルス感染症・ロタウイルス感染症に代表されるウイルス性胃腸炎は冬期に流行する感染症です。例年と比べて感染者数は低く推移していますが、今後の推移に注意が必要です。【No3】溶連菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎)…溶連菌感染症は学童期の小児に最も多く、学校などの集団生活で気をつけてほしい感染症です。冬休み明けの学校再開に伴い流行する可能性が懸念されます。◆監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員・安井良則氏