子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

新型コロナウイルス感染症(COVID−19) 緊急事態宣言は解除 全国的に患者数減少も第2波以降に要注意(5/27更新)■新型コロナウイルス感染症の患者数は全国的に減少が見られ、日本政府は25日、全国の緊急事態宣言を解除しました。一方、世界的な流行は継続しており、特に南半球に位置するブラジルなどの南米諸国やアフリカ諸国では、今後患者発生数が急増していくおそれがあります。日本においても、移動・渡航の制限や自粛要請の緩和などにより、場合によっては流行の再燃、新たなクラスターの発生から第2波が訪れる可能性もあります。秋から冬にかけては、流行が再燃する可能性が高いと指摘する専門家も少なくありません。新型コロナウイルス感染症は、これからも少なからず患者発生が見られていくと予想されますが、どうすれば患者発生数を最小限に抑えながら、医療体制を崩壊させずに社会活動・経済活動を行っていくことができるか、私たちの生活様式や医療体制について、改めて見直しましょう。■監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員・安井良則氏