子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【麻しん ゴールデンウイークの海外旅行 特に南および東南アジア、ヨーロッパ等から帰国した後も注意が必要】(更新:5/9)
 麻しんは、沖縄県のみならず、南、および東南アジア、中央アフリカ、ヨーロッパ等において麻しん患者が多数発生しています。これらの地域から帰国した際にも注意が必要です。
麻しんの可能性がある場合は、予め医療機関に連絡をしてから受診しましょう。
予防接種スケジュールを過ぎても一度もワクチンを接種していない方は、ワクチンの接種をお勧めします。
【予防】麻しんの感染発症を防ぐ唯一の予防手段は、予めワクチンを接種して麻しんに対する免疫を獲得しておくことです。麻しんと風しんの混合ワクチンを1度接種すると95%、2度接種すると99%の免疫がつきます。
(監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員・安井良則)