子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【インフルエンザ 12月の流行規模としては新型インフルエンザの流行後 最大となる可能性あり】更新:2019/12/13インフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約32万2千人となりました。前週の値を大幅に上回っており、7週連続で増加が続いています。休日明けの月曜日(12/9)の1日当たりの推定患者数は約10万3千人と今シーズンの最多を更新していて、今週も患者数は増加していくものと予想されます。
12/2〜12/8(第49週)のインフルエンザの患者数は、2010年以降の同時期と比較して最多であり、12月の流行規模としては新型インフルエンザの流行後で最大となった5年前のシーズンを上回る可能性があります。これからのインフルエンザの患者発生状況には充分にご注意ください。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏