子育て応援団感染症NEWS
  • いま注意してほしい感染症
  • 戻る

インフォメーション

【3月に注意してほしい感染症】(3/2更新)【要注意】新型コロナウイルス感染症…全国的に新規感染者の減少は続いているものの、特に都市部では減少スピードの遅れが懸念されています。これから年度末に向け、人が集まる行事等が増えるシーズンを迎えますが、大人数での会食等はしばらくは控えるべきです。【1】RSウイルス感染症…RSウイルスが伝播することによって発生する呼吸器感染症です。発症の中心は0歳児と1歳児で、2歳までにほぼ100%の小児が初感染を受けるとされています。九州や大阪など西日本を中心に感染の増加傾向がみられています。今後の感染者の推移に注意してください。【2】A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)…学童期の小児に最も多く、学校などの集団生活で気をつけてほしい感染症です。感染の予防には、手洗い、うがい、咳エチケットなどが有効です。【3】ロタウイルス感染症…近年における日本での流行のピークは3月〜5月です。
今後の感染者の動向には注意が必要です。◆監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員・安井良則氏