【経験談】マイコプラズマ肺炎

子育て応援団では感染症経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

マイコプラズマ肺炎経験談
はつかさん
恋人がマイコプラズマ肺炎になりました。
最初、風邪のような咳が出始め「風邪をひいたかもしれない。薬を飲んで休む」と言って、市販のせき止めや風邪薬を飲んでいました。熱は全くなく、とにかく咳だけが出ていました。
薬を飲み始めても、治るどころか日に日に咳が酷くなり、夜も咳が続き、何度も起きていました。見ていて明らかに風邪にしては咳が酷く、長引いているので「風邪じゃないかもしれない。一度病院に行って来た方がいい」と話しました。
恋人は病院に行き、マイコプラズマ肺炎と診断され、薬をもらって帰ってきました。服薬後は徐々に症状が落ち着き、1週間ほどで完治しました。
今思い返すと、その頃の恋人は仕事が忙しく「疲れることが多くなった」と話していたので、免疫力も落ちていたのかなと思います。
周りに、熱はないが酷い咳が続く、喉の痛みがある、市販薬が効かない、そのような方がいれば一度病院受診をするように話してみてください。
32歳 
2019-05-17
情報元:
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019