【経験談】RSウイルス感染症

子育て応援団では感染症経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

RSウイルス感染症経験談
はる君さん
2、3日前から咳が出ていて、夜中に38.8℃の熱。
夜間救急に連れて行くも、解熱剤をもらって様子を見て下さいと帰される。
次の日、昼間は少し下がったけれどおっぱいの飲みがわるくなり夕方からまた38℃台の熱が出てきておっぱいも飲まなくなる。

また夜間救急に行き、38℃の熱が下がらないとの事で近くの総合病院を紹介されて直行。
検査を受けてRSと診察され、そのまま入院。

薬剤を気道内に噴霧する処置と痰の吸入を、次の日の夕方までするも、呼吸が悪化してるとの事で人工呼吸器を取り付ける事になりました。

人工呼吸器と自発呼吸との兼ね合いから、薬で眠らされていました。
機械や、注射など色々な管に繋がれて痛々しかったです。

人工呼吸器は10日間付けていました。
外してからも薬剤を気道内に噴霧する処置や痰を吸入する処置をしていましたが、肺炎も併発したようです。

退院出来たのは熱が出た3週間後でした。

生後半年までは、母親からの免疫があるから熱なんて出ないものだと勝手に思い込んでましたが大間違いでした。
0歳 
2019-02-05
情報元:
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2018