【経験談】RSウイルス感染症

子育て応援団では感染症経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

RSウイルス感染症経験談
kachiさん
RSで入院しました。コロナ禍の病院のルールで入院の付き添いが出来ず、看病で私もRSに感染して発熱してしまったため入院中の面会も家族全員禁止。弱っているまだ幼過ぎる我が子と離れ離れになり、子供に大変辛い思いをさせてしまいました。

うちの子は幸いにも発熱したその日にRSの診断がつきましたが、私が無知過ぎました。診断された2日後ぐらいから、突然叫んで転げ回ったり、寝てても飛び起きて動揺したりという姿を見ていました。下痢をしていたので私はお腹が痛いのだと思い込んで、せっかく病院に連れていっても「お腹を痛がる」と言ってしまいお腹の薬をもらって帰ることになったりしました。しかし、入院の日にわかったのですが、その行動をするタイミングは、血中酸素濃度が80%台に下がる時だったのです。ずっとそんな状態に私はお腹をさすっていました…。
入院する前日にはあまりにもその行動をするので#8000に電話しました。その時にはお腹じゃないかも…と気づき始めており苦しそうということを伝えましたが、「水分が取れて寝付けるようなら大丈夫です」と言われ、夜間の病院にはかかりませんでした。入院の時にも「この値だと水分も取れなくなっている場合がほとんどなんです」と言われました。しかし、うちの子はもちろん普通の食事は摂れませんが、お茶をガブガブ飲み、バナナも食べれてました。例外の子だったのです。
色々なことが重なり、呼吸不全となっている発見が遅れてしまいました。

コロナでも、RSでも、「呼吸不全になっていないか」は一番最初の確認事項だと強く思いました。パルスオキシメーターを家庭に置く、もしくは、病院に連れて行ってはかってもらう(小児科に人が溢れている今、とても悩むかと思うのですが)。注意していただきたいです。
1歳 
2022-08-08
情報元:
感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019