【経験談】カンピロバクター

子育て応援団では感染症経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

カンピロバクター経験談
みくママさん
昨年の25日のクリスマスに焼き鳥屋台店で12本購入。
家族3人で4本づつ食べました。
19才の娘だけが、27日の朝から悪寒があり、夕方に熱を測ったら39℃、発熱外来を受診して、コロナ抗原検査、インフルABの検査をするも陰性。風邪だろうと、解熱剤と漢方薬を処方して頂きました。翌日から下痢になり、胃腸炎だったのかぁ?と消化の良い食事療法と水分補給に気を付けて様子を見ていました。3日後少し良くなって普通の食事に戻した所、31日の朝には40℃の発熱。たまたま偶然に幸いに、ワクチン接種の件で、かかりつけ医だった小児科の先生からお電話を頂き、相談したところ、直ぐに診察して頂けました。胃腸炎だろうからと、ホスミシン500とビオフェルミンを5日間処方して頂きました。
年末だったので、便の検査しても結果が出るのに時間がかかるので、今回は検査はしないで、薬を飲んで様子を見ることになりました。

その後も、消化の良いものを摂取していましたが、また大分良くなってきたので、普通の食事に戻した所、1月7日の夜に、38℃の発熱があり、また小児科の先生に診て頂きました。
おそらく、火の通っていない鶏肉や牛肉などが原因だろうと、その日は便の検査をして頂くことになりました。結果が出るまでに7日位かかると言う事で、またホスミシン500とビオフェルミンを7日分処方して頂き、症状は大分治まってきました。検査から6日後に先生からお電話を頂き、カンピロバクターに感染してましたとの事でした。

クリスマスの日に大量に焼き鳥が販売されていたので、忙しくて火が通っていない鶏肉がありそれを摂取したのが原因としか思えません。
今後はそのような時期は避けた方が良いと実感した年末でした。
カンピロバクターからギランバレー症候群になる確率も高い様なので、今後もとても心配です。

小児科の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
19歳 
2022-01-15
情報元:
感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019