ママ必見! 働くママの実態を徹底取材!
〜ママの働き方は、大きく5つ〜

働くママの実態を、2児のママであり再就職経験のある
子育て応援団スタッフママが潜入取材。

「働く」と言っても、色んな働き方(専門的用語では、雇用形態)がありますね。再就職を考えるママたちにとって、どのような働き方を選ぶのかは大切なポイント。ちなみに私は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトの経験あり。それぞれの働き方の違いって、なんとなくは説明できるけれど…。そこで、代表的な5つの働き方について、労働局で聞いてみました。

〜代表的な5つの働き方について教えて〜

それぞれの働き方は、法律で決まっているので一言で簡単に説明するのは非常に難しいですね。と前置きをいただきながら、無理をお願いして簡単に一言で解説してもらいました。

【正社員】とは、長期雇用を前提として、使用者と期限の定めのない労働契約を締結している従業員のこと。

【契約社員】とは、一定期間契約で雇われる形態の社員のこと。

【派遣社員】とは、派遣元の事業主に雇用されている労働者であって、労働者派遣の対象者であること。他の企業に派遣されて勤務する労働者のこと。

【パートタイム労働者】とは、一日または一週の所定労働時間が、一般の従業員より短い労働者のこと。

【アルバイト】とは、通常労働者の補填。または、時間外や深夜の時間帯など特定の勤務を行う労働者のこと。正社員に比べて短時間の勤務であるか、または、時間が同じときは、一定の期間を限った勤務を行う労働者。パートタイムと比べて労働時間帯や、労働契約の期間が不規則不定期となるのが通常。

子育て応援団スタッフママの感想
率直な感想としては、安定した雇用と収入がある正社員が、やっぱり理想的な形。でも、子どもや家事に費やす時間をある程度確保しなければならないママたちには、残業もある正社員はハードルが高いとも感じます。ママたちにとって本当はどの働き方がいいのか、また、企業はママたちの働き方をどのように思っているのかが気になるところですね。
そこで、ママたちの声にしっかり耳を傾け、再就職支援に積極的に取り組む総合人材サービス会社キャリアプランニングに潜入取材することにしました。
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2018