B型肝炎ワクチンの定期接種化について

お悩みの内容


2016年10月からB型肝炎ワクチンの定期接種が始まると聞きました。2016年4月1日生まれのうちの子の場合、定期接種のスケジュールはどうなりますか。


回答

 2016年10月1日から「2016年4月1日以降に出生した0歳児」を対象に、B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります。

 まず、標準的な定期接種のスケジュールは以下の通りとなります。

1. 生後2か月で1回目
2. 1回目の接種から27日以上あけて、生後3か月で2回目
3. 1回目の接種から139日以上あけて、生後7〜8か月で3回目

 次に、今回の質問をいただいた、2016年4月1日生まれの赤ちゃんが定期接種を実施する場合のスケジュールを一例としてご紹介します。

1. 2016年10月1日に1回目
2. 1回目の接種から27日以上あけて、2016年10月29日以降に2回目
3. 1回目の接種から139日以上あけて、2017年2月18日以降に3回目

 尚、定期接種で受けられる期間は、1歳未満です。
上記は、接種期間中に病気などをせず、順調に進められた場合の最短スケジュールとなります。

 (1)(2)の接種日がずれ込むと当然(3)も遅くなります。そのため、定期接種期間内におさまらないケースも想定されます。その場合は、任意接種として受けることになります。

 2016年4月1日〜7月31日までに生まれたお子さんで、母親以外の同居家族等、身近な方にB型肝炎ウイルスのキャリアの人がおられる場合や、保育所等の集団生活に入ることを予定されている場合などは、2016年10月1日を待たずに、まずはかかりつけ医に接種スケジュールをご相談ください。

 なお、お母さんが「HBs抗原検査」で陽性であった場合は、母子感染予防のために、

1. 出生後12時間以内に1回目のB型肝炎ワクチン(HBグロブリンとの併用)
2. 生後1か月に2回目のB型肝炎ワクチン
3. 生後6か月に3回目のB型肝炎ワクチン
を接種します。

※母子感染予防の場合は、生後9〜12か月を目安に採血し、HBs抗原と、HBs抗体を測定します。HBs抗原陰性でHBs抗体が≧10mIU/mLになった場合、予防処置は終了です。HBs抗原陰性でHBs抗体が<10mIU/mLであった場合は、更に3回の追加接種を行います。HBs抗原陽性であった場合は、専門医療機関を受診します。

 母子感染予防は、定期予防接種と異なるスケジュールで接種することになるので注意してください(この場合は定期接種の対象にならず、健康保険で受けることになります)。

B型肝炎について詳しくはこちら

参考資料:厚生労働省・第14回厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会) 「B型肝炎ワクチンの定期接種化について(資料1-1〜1-6)」
厚生労働省「定期接種実施要領(平成28年6月22日)」

監修:国立感染症研究所感染症疫学センター第三室室長 多屋馨子氏
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2016