インフルエンザワクチン。毎年受けた方がいい?

お悩みの内容


昨年インフルエンザワクチンの接種を受けましたが、今年も受けた方がよいでしょうか?それともまだ効果が持続していますか?


回答

 季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの研究から、ワクチンの予防効果が期待できるのは、接種した(13歳未満の場合は2回接種した)2週後から5か月程度までと考えられています。

 また、インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されています。このため、インフルエンザの予防に充分な免疫を保つためには毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた方がよい、と考えられます。

出典:厚生労働省 インフルエンザQ&A 平成27年度
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019