発熱時の家庭での手当てについて教えて

医師会や幼児教育の専門家が皆さんのお悩みに答えました。

お悩みの内容

発熱時の家庭での手当てについて教えて

専門家による回答

■家庭での手当て
★まず体温を正確に測りましょう
★39℃を超えるような高熱になると手足の先が冷たくなり、ガタガタとふるえて寒気を訴えることがあります。この時は布団をかけて暖めてあげましょう。しばらくすると手足も熱くなります。今度は熱がこもらないように普通の着衣にしてあげてください。厚着は禁物です。
★嫌がらなければ氷まくら、冷却シートなどを用いましょう。
★水分は十分に与えてください。
★解熱剤はこどもの体重、年齢に見合ったものを指示通りに用いてください。
熱が高いから頭がおかしくなるということはありません。また、熱が高ければ病気は重症であるとも限りません。顔色も良く、笑顔もみられ、水分もとれて他の症状がそれ程強くなければあわてる必要はありません。

■解熱について
熱に対する抵抗力は個人差があります。乳幼児は38度くらいでは気づかれないほど元気なものです。
熱を下げることは本来の病気を治すことにはなりません。本人を楽にしてあげるのが目的です。
氷まくら、冷却シートを使用する時は血流の多い首のつけね、わきの下、足のつけねを冷やすのが効果的ですが嫌がれば無理強いはやめましょう。
【 解熱剤 】は本人に活気があればあわてて使うことはありません。39度前後以上をめやすにして、熱がほぼ上がりきったところで用いてください。
解熱剤の種類はたくさんありますが、インフルエンザのように使える種類が限られることもあります。お子さんの年齢、体重に見合うように医師の指示に従って用いてください。
感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019