感染症シーズンの強い味方?電動鼻水吸引器

こんにちは、「子育て応援団」担当の「めんたい」です。

例年になく早いインフルエンザ流行期に入ったこの頃ですが、鼻水や後鼻漏で親子ともに悩まされる時期となりました。そんな中、めんたいは息子(4歳)のために乾電池で動く「鼻水吸引器」を買いました。


手に持ってのサイズ感はこんなんです

どんなタイプがある?鼻水吸引器

鼻水吸引器は手動式(大人が吸い取る型とスポイトで吸い取る型)と電動式(ACアダプタを使う据置型と乾電池型)に分かれるようです。

もともとは、息子が生まれて最初の冬に乾電池式の吸引器を購入したのですが、買ってすぐに吸い込み口付近のプラスチック製ノズルが折れてしまって使えなくなり、以後4年近く、大人が吸い取る手動式で頑張ってきました。

ところが、私も寄る年波?か、ちょっと吸っただけで息が上がってしまったり、息子は息子で吸い取られるのを拒否するし...鼻をかむ練習もしていますが、まだまだ自力で鼻水を処理するのは時間がかかりそうだったので、短期間でも電動式を導入したほうが親子ともにつらい思いをしないで済むのではと考えたのでした。

使用レビュー


こんな感じでバラすことができます。画面真ん中のパーツは使用後水洗いします

今回買った品の購入ポイントは「最近新発売された」「強さが2段階調節できる」「本体と吸い込み口をバラして洗える」「(以前の失敗を踏まえ)ノズルが折れなさそうな形状」という点です。

まだ使い始めて半月もたってませんが、息子も、鼻水がちょっと多いようだと「お鼻吸って〜」と寄ってくるので以前の大人吸い込み型よりも快適なようです。以前よりも鼻のトラブルが減ったかな?

鼻かみの練習は今後も続けつつ、去年よりは快適な冬であってほしいと願っています。

« 前ページ

次ページ »

感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019