【アプリ開発秘話】わかりにくい予防接種スケジュールを一発解決!わが子用オリジナルスケジュールが作れる!!!

昨年秋にリリースした「子育て応援団アプリ」ですが、このアプリをつくるきっかけがありました。

平成26年度の1年間で定期接種延べ接種回数は、4105万2024回。
届出があった事故件数は、5,685件。
その中でも「接種間隔を間違えてしまった」がもっとも多く2,777件と全体の48%、「期限切れワクチンの使用」889件(15%)、「不必要な接種を行ってしまった」という事故も660件(11%)もあった。
※10月29日に行われた第7回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会発表情報

近年、定期予防接種が増え、スケジュールが非常に複雑になりました。これにより、保護者が子どもの予防接種のスケジュールをひとりで理解するのは、難しすぎます。

そこで、国立感染症研究所感染症疫学センター第三室室長多屋馨子先生にワクチンのスケジュールの事細かなことまで教えていただき、一つずつ組み上げていったものです。

◆子育て応援団予防接種お助けツールの使い方!
A、子育て応援団アプリをダウンロード
B、子育て応援団アプリのアイコンを選択
C、予防接種お助けツールを選択
D、生年月日を入力して・・・
E、オリジナルのスケジュールをダウンロード
NEW、定期予防接種時期が近づくとアプリからお知らせが届きます!



◆子育て応援団アプリのダウンロードはこちらから!

すごいところは!
お子さんの生年月日と予防接種履歴を入れれば、全自動で予防接種スケジュールを計算し、お子さん用のオリジナルスケジュールを毎回表示してくれます。

★生年月日から今打てるワクチンが一目でわかる
★接種間隔がきちんとあいているかチェック
★ワクチンの互換性のチェック
★ヒブ、肺炎球菌のように接種日が遅くなると回数が減る自動計算にも対応

ぜひ、利用してみてください。

« 前ページ

次ページ »

感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019