そらまめ家に感染症がやってきた!VOL.2

子育て応援団スタッフママ そらまめです♪
 
前回は、そらまめ家にやってきたカンピロバクターについて書きましたが・・・
今回は、カンピロバクターから約1か月後に我が家にやってきた、あの感染症について・・・
 
***
 
それは10月3日、娘6歳のお誕生日当日のことでした。
 
「ママ・・・ほっぺが痛い・・・」
 
と言って娘が起きてきました。
 
嫌な予感・・・すぐに、おたふくかぜかも?と思いました。というのも、園で少し前から流行っていたんです。
熱をはかると38.5℃。よく見ると左耳の下が腫れています。でも右側は腫れていない・・・

とにかく、すぐ小児科へ!
診察の結果は、やはりおたふくかぜの可能性が大!やっぱり・・・といった感じです。
ただ、おたふくかぜだと判明しても、特効薬がないんです。痛み止め兼解熱剤だけを処方されて帰宅しました。
 
その後、娘は腫れた部分を痛がることが時々あったものの、ひどく腫れることもなく、熱もだらだらと下がらないものの微熱程度で、比較的機嫌よく過ごしました。
 
そういえばほっぺですが、初め左しか腫れてていなかったけれど、数日後右も腫れました!しばらくは四角い顔をしていた娘でした・・・
 
おたふくかぜの間も一緒に過ごしていたお兄ちゃんですが、彼は予防接種を受けていたため、うつらなかったようです。これには一安心。予防接種を受けていてよかった〜!
 
いまさらですが、娘にも予防接種を受けさせていれば・・・と思わずにはいられません。
おたふくかぜは発症者の約10%に髄膜炎の合併症がみられる怖い病気です。数100例に1例程度ですが、難聴を合併する場合もあります。
うちの娘は比較的軽い症状で済んだものの、やはり元気になるまでは不安でした。
 
さて、不運にも6歳のお誕生日におたふくかぜになった娘。
誕生日パーティーは元気になってから・・・と思っていたら、さらにもう一つの感染症が我が家にやってきたのです!
 
つづく・・・

« 前ページ

次ページ »

感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019