今朝、ママつぶは風しんとおたふくかぜの予防接種を受けてきました。

<前回までのおはなし>
感染症NEWSで麻しん・風しんの流行をみなさんにお伝えしながら、自分は関係ない!とたかをくくっていたママつぶ。
実は、子どもの頃に、はしかの予防接種も感染・発症もしてないと実母に告げら慌てて、はしか(麻しん)・風しん・おたふくかぜの3種の抗体検査をしました。
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
< 結果 >
■はしか(麻しん)は抗体あり!
…過去にワクチン未接種&発症経験がないと思っていたにもかかわらず、抗体あり!実は、過去に感染していたと思われます。
■風しんは抗体なし!
<誤診>・・・ママつぶが、3歳3ヶ月のときに風しんにかかったと母子健康手帳に記されていました。しかし!抗体は(−)となり、基準をみたさない状態。要するに、誤診だったということになります。
<知識不足>・・・ママつぶには、一人息子がいます!実は、妊娠検査で風しんの抗体検査は受けていたはずなのに、まったく意識がないママつぶは、そのまま通り過ぎていました。これについては、単純に母親の知識不足です。
反省ばかり…m(_ _)m
↓↓↓
【風しん・今回の対応】
風しんの予防接種をする!
ということで・・・
今朝、本当にしてきました。
左腕に!
▼▼▼
※風しんの予防接種をした後、2ヶ月は妊娠してはなりません。よく覚えておきましょう!
■おたふくかぜは、微妙に抗体なし
…5歳3ヶ月でおたふくにかかったと母子健康手帳に記されているも、抗体は(±)基準を満たさない状況でした。こちらは、かかっていても抗体が下がっていることが考えられます。
↓↓↓
【おたふくかぜ・今回の対応】
おたふくの予防接種をする!
ということで!
風しんを左腕にしたので、おたふくかぜの予防接種は、右腕にしてきました。
結局・・・
今朝、右腕と左腕の両方の腕にワクチンを接種してきました。
今回の一件でつくづく思いました。
自分は関係ないと思っている20〜40歳の方!
一度、風しんや麻しんなどの抗体検査をしてみてください。
感染拡大を防ぐためにも予防接種は大切です。

« 前ページ

次ページ »

 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019