【感染症ニュース】ワクチンもアップデート必要 オミクロン株対応ワクチン 承認されれば10月半ばから接種

ワクチンもアップデート必要 ワクチンもアップデート必要
 2022年8月8日、厚生労働省の分科会は、流行中のオミクロン株にも対応した新型コロナワクチンについて、10月半ばから使用を始めることについて了承しました。

 オミクロン株に対応したワクチンは、ファイザー社とモデルナ社が開発を進めており、薬事上の承認がされれば、9月中に輸入が始まる見通しです。

 その後、国内に行き渡るまでの配送期間を考慮し、早ければ10月半ばから、初回接種を完了した全ての住民へ接種をはじめることが想定されています。

 オミクロン株対応のワクチンについて、分科会は、オミクロン株と従来株に対応した「2価ワクチン」を使用することが妥当としています。

 これまでの新型コロナワクチンについては、オミクロン株に対する、感染予防効果が低くなっている可能性も指摘されており、いわゆる、「ブレイクスルー感染」が増えています。

 オミクロン株にも対応する新たなワクチンについて、専門家に話を伺いました。

ワクチンもアップデート必要

 感染症の専門医で、大阪府済生会中津病院の安井良則医師は、「臨床経験から、これまでのワクチンであっても、接種をしている方は、重症化割合が少ない印象です。しかし、前回のワクチン接種から、時間が経っていることなどから、ブレイクスルー感染も目立ち始めました。新型コロナウイルスは、出現以来、変異を続けていますので、ワクチン自体もアップデートが必要な状況です。新たなワクチンは、従来株とオミクロン株BA.1の2種類の株に対応しているため『2価ワクチン』と呼ばれます。現在、流行中のBA.5に効果がどの程度あるかは、データが少ないため、何とも言えません。しかし、現在のワクチンより効果が望めるのではないかと予測しています。」としています。

まとめ

 ファイザー社は、8月8日に自社のホームページで、オミクロン株対応のワクチンについて、厚生労働省に承認申請したことを明らかにしています。

 また、モデルナ社も、8月10日に承認申請したと発表しました。

 発表の中で、モデルナ・ジャパン代表取締役社長の鈴木蘭美は「mRNA-1273.214の臨床試験では、オミクロン亜系統BA.1だけなく、BA.4およびBA.5に対する強力な中和抗体反応が誘導されました。日本でもオミクロン株とその亜系統による感染が続いており、日本の公衆衛生にとってもCOVID-19は引き続き脅威となっています。次世代の追加接種用2価ワクチンを一刻も早くお届けできるよう、厚生労働省と協力してまいります」としています。

 申請が認められれば、2022年10月半ばから、新ワクチンの接種が開始される見通しです。


参考
厚生労働省 第34回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 資料

取材
大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
感染症・予防接種ナビ
 
子育て応援団アプリ
こどもの救急
こどもの事故と対策
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
すこやか2019