子育て応援団感染症ニュース

全国 10月31日時点

情報元:国立感染症研究所、(株)EMシステムズ
【11月に注意してほしい感染症4つ】
 注意してほしい感染症は4つあります。ノロウイルス感染症、RSウイルス感染症、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)、水痘(水ぼうそう)です。
 ノロウイルス感染症は、例年11月から本格的な流行となり、12月はピークとなります。これからの時期は注意が必要です。主な症状はおう気・おう吐及び下痢で、おう吐・下痢は1日数回から多いときには10回以上のこともあります。
 RSウイルス感染症は、近年は10〜12月が本格的な流行の期間となっています。特に乳幼児は、最も注意してほしい感染症です。生後1か月未満でも感染する可能性があり、無呼吸の原因になることがあります。
次の症状がある場合は、かかりつけ医に相談しましょう。息がゼイゼイと呼吸が苦しそうになる。咳で何回も夜中に起きる。熱が下がっても症状が改善されない。咳込んでおう吐してしまう。※悪化するときには、発熱はあまり関係がありません。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)は、例年10月11月に患者数が増加しています。予防法は、患者との濃厚接触を避けることが大切です。咳エチケットや手洗いなどの一般的な予防法も効果が期待できます。
 水痘(水ぼうそう)は、10月から水痘ワクチンが定期予防接種になりました。まだかかっていなくて、1〜4歳までの幼児は、接種をしましょう。水痘ワクチンは、2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。回数も確認しましょう。
監修:国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員・大阪府済生会中津病院部長 安井良則
更新:2014年10月31日
>>感染症ニュースの詳細はコチラ
パパんち
子育て応援団 A-GOODS-SHOP
ベビー・キッズ用品のお役立ち情報をお届け!
商品検索
プレゼントコーナー
累計100万冊を超えるロングセラーから、
廣文館スタッフがおすすめする絵本・育児本を抽選で1名様にプレゼント!
絵本
おおきなかぶ 再話:A.トルストイ 訳:内田莉莎子 絵:佐藤忠良
おじいさんがうえたかぶが、とても大きくなりました。ひっぱってもぬけません。おばあさんがおじいさんをひっぱり、おじいさんがかぶをひっぱりましたが、それでもぬけません。今度はまごがおばあさんを、おばあさんがおじいさんを、おじいさんがかぶをひっぱりましたが、まだまだぬけません。いぬにねこにねずみも呼んできて、うんとこしょ、どっこいしょ。すると…。みんなで力を合わせることの大切さが学べ、またリズミカルな文体をお子様と一緒に楽しむことができる絵本です。
価格:864円(税込) 出版社:福音館書店
応募締切:2014年11月3日(月) おおきなかぶの応募はこちらから≫
情報提供:廣文館
ママたち号泣!注目の育児メッセージブックを、抽選で3名様にプレゼント!
絵本
あなたが生まれてから (くわばたりえ)
お笑いコンビ・クワバタオハラのボケ担当で、2児のママでもあるくわばたりえさん。
くわばたさんが育児生活の中で感じた喜び、子育ての苦労やつらさ、子どもへの愛情をリアルに綴ったオフィシャルブログ「くわばたりえのやせる思い」はママたちから多くの共感を集めています。
本書はブログからの抜粋に加え、くわばたさんが「どうしても育児中のママに伝えたい」ことを書き下ろした原稿を収録。日々のイライラや後悔、そして反省を繰り返しながらも、子どもに元気づけられ、ママとしての成長を実感する心情を綴っています。
特に、くわばたさんが「赤ちゃん」「お兄ちゃん」「パパ」の視点からママたちに伝えたいことを絵本のように展開した「絵本ページ」は必見!
子育て中は心に余裕がなくなり、子どもや旦那さんにつらく当たってしまいがち。
そんなとき、この本が家族への思いやりを取り戻すきっかけになるかもしれません。
価格:1,296円(税込) 出版社:マイナビ
情報提供:マイナビ
 
新規会員の中から抽選で3名様にカラビナ・ソーラーライト

子育て会員になってすべてのコンテンツを見てみよう。

また、感染症NEWSや月年齢毎の情報をメルマガでゲットできるよ。

新規会員登録はコチラ

美白化粧品お試しセットを5名様にプレゼント
ブラン薬用パーフェクトホワイト7days
抽選で5名様にプレゼント
<応募方法>
子育て応援団の会員(無料)になっていただいた方で
以下の「応募する」ボタンから応募
<応募〆切>毎月月末
yomiDr
ヨミドクターは、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
子育て応援団と、読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」がタッグを組みました!!
こどもの救急 対象年齢:生後1ヵ月〜6歳
全国広域災害救急医療等リンクサイト